バストアップしたい人必見!女性ホルモンと重要な睡眠との関係

バストアップしたい人必見!女性ホルモンと重要な睡眠との関係

バストアップと女性ホルモンの関係とは?

eb6145b0f05240fbb66f12b32110f0dd_s

多くの女性にとって、豊かなバストは憧れと言う人も多いのではないでしょうか。理想のバストサイズや形に少しでも近づくためには、日頃の努力も必要になります。

そうはいっても、豊胸手術などはお金がかかりますし、後の副作用なども心配です。そもそも、女性の胸が大きくなるのは、それなりの理由があるのです。

丸みを帯びた女性らしい体つきになるのは、女性ホルモンの働きが関係しています。バストの成長にも、この女性ホルモンの分泌が深く関係しているのです。

胸が大きくなるのは、乳房の内側にある乳腺が発達するためです。乳腺は女性ホルモンによって発達するので、女性ホルモンの分泌が活発な人程、胸が大きくなりやすいと言われています。

そして、この女性ホルモンの分泌は、日頃の生活習慣や食生活に特に影響を受けやすいと言われています。規則正しい生活習慣とバランスの取れた食事を心掛けることが、バストアップには大切なのです。

また、睡眠中にホルモンが分泌されるため、日頃から十分な睡眠時間を取ることもバストアップには必要です。また、特に女性は日頃から冷え性に悩んでいる人も多く、夏であっても常に足先や指先などが冷たい人がいます。

そのため、身体を冷やさないよう体を温めて血の巡りを整えたり、マッサージなどで血行をよくしたりすることも重要です。

また、就寝時にはハラマキを付けたり、昼間でも素足では冷えるので靴下を履いたりして冷えから体を守るようにしましょう。

体が冷えてしまうと、血行が悪くなるので血液循環が悪くなり、老廃物を溜め込みやすくなるので、バストアップの妨げになってしまいます。特に睡眠中の冷えは睡眠の質を落としてし、ホルモン分泌を低下させるので注意しましょう。

バストアップブラ着用とエクササイズでバストアップ!

e94527512fcc9573f985d974d5020d56_s

手軽に行えるバストアップの方法はいくつかあります。例えば、バストアップブラを着用することです。バストアップブラとは補正下着のことで、少し大きめのカップに背中やお腹の肉をバストまでマッサージするような感じで集めて固定し、バストアップを目指すと言うものです。

最近特に注目されているのが、就寝時に着用するバストアップブラです。睡眠中の冷えを解消したり、バストの形を整える効果が期待され、着用して寝る方が増えているのです。

これを着用し続けることでバストの形が整ってくると言われています。また、バストアップエクササイズを行いバストアップする方法が二つあります。

代表的なポーズに、両手の平を胸の前で合わせて力いっぱい押すというエクササイズあります。このエクササイズは大胸筋を鍛えながら、胸の形を整える効果があります。

大胸筋が鍛えられることで胸周りのサイズがアップし、また、キレイな胸の形になるエクササイズです。もう一つは、まず両肘を手前に曲げるようにし両手を肩置きます。

そして、両肘で大きく円を描くように前後に10回ずつ回します。このエスササイズにより、大胸筋を鍛えるのと同時に、脇のリンパを流すことができるのでバストアップにオススメです。

そして、特に肩甲骨が歪んでいると胸を正しい位置で支えられなくなり、乳腺の発達を妨げたてしまう可能性がるので注意しましょう。

悪い姿勢が続くと血行が悪くなり、ホルモンの分泌が減少してしまうので、腰に手を当て肩を上下に10回程度上げ下げしたりして、肩甲骨の歪みを解消することも大切です。

そして、バストアップのためには、普段からサプリメントを摂るのも効果的と言えます。代表的なプエラリアと言う成分は、大豆の40倍ものイソフラボンが含まれている天然植物由来成分で、飲み続けるとバスアップ効果が期待できると言われています。

毎日、このプエラリアを含むサプリメントを摂りながら、バストアップエクササイズを併用することで、バストアップ効果に繋がるのです。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る