バストアップは自分でできる!セルフマッサージの秘訣とは

バストアップは自分でできる!セルフマッサージの秘訣とは

バストアップに効果的なリンパ節マッサージ

d3df60b108fe86ac2c6a2e0d133f3d46_s

バストアップは難しいことではありません。なぜならバストアップは、正しい方法でケアすれば、誰にでもできることだからです。

しかしながら正しい豊胸・バストアップの方法を教わったことがない、という方がほとんどなのではないでしょうか。そこで今回は自分でもできるバストアップとしてセルフマッサージの秘訣を紹介します。

バストアップをする方法は、プエラリアなどのサプリメント飲むことや、外科的な手法に頼るなど様々な選択肢があります。

しかしながらできることであれば、外科的な手術やプエラリアのような効副作用の可能性があるサプリメントを飲むなど、体にとってリスクとなることは、極力やりたくは無いですよね。

もしあなたが副作用のリスクや、多くのお金をかけずにバストアップしたいのであればセルフマッサージを覚えましょう。セルフマッサージといっても何も難しいことではありません。

バストアップの為に大切なポイントはそこまで多くは無いからです。たった1つのポイントを意識するだけで、バストアップできる可能性があるのです。そのたった1つのポイントは脇の下にあるリンパ節です。

セエルマッサージでしっかりと脇の下のリンパ節をもみほぐしましょう。ここは強く刺激すると痛みが出てしまうのでまずは痛みを感じるか感じないかギリギリ程度の強さでゆっくりと動かすことから始めましょう。

ここをしっかりともみほぐすことで、血行が良くなり、老廃物が流れはじめます。逆にいえば、リンパ節の流れがよくなければ、老廃物が脇の下の辺りで滞ることになるので、結果としておっぱいの張りが失われ、たれがちになってしまうのです。

だからリンパ節はセルフマッサージをする際は、意識的にもみほぐさなければならないのです。するとそれにより血液の循環が良くなり、胸にも張りが出てくるのです。

豊胸の為には、乳腺への刺激がポイント

dd2c583f2ccb02a6599bf57990697178_s

乳腺をしっかり刺激することができたら、今度は胸と胸の間の谷間にある神封というツボ刺激します。ここは右手で左側のおっぱいの乳首のあたりを内側から押さえたところにあるツボです。

反対の右側のおっぱいの内側にも同じところに神封があります。ここ抑えるのは少し痛いかもしれませんが、ぐっと指圧の要領で押さえましょう。ここは血行があまり良くなければ痛くなってしまうところです。

だから少しの痛みなら、怖がる必要はありません。しかしなら、この辺りの胸骨はデリケートな部位ではあるので、強すぎる刺激は禁物です。

もし自分でセルフマッサージすることが不安な場合は、最初はバストアップ専門家から指導を受け、そこからセルフに切り替える、という方法なら心配も減らせますよね。

神封はしっかりと押さえられたら、女性ホルモンが刺激され、バストアップへとつながるのです。ここまで自分でもできる簡単なバストアップとして、セルフマッサージの秘訣をお伝えしましたがいかがでしたか。

このリンパ節をほぐし、神封を押さえる程度であれば、日常の隙間時間でも実践できますよね。もしあなたが真剣なバストアップを望むなら、まずは痛くない程度の強さで、マッサージすることから、取り組んでみてはいかがでしょうか。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る