見直そう!その生活習慣がバストアップを妨げてしまう理由

見直そう!その生活習慣がバストアップを妨げてしまう理由

バストアップを妨げてしまう生活習慣とは?

a57fc6bfe233ffa7ef70904d126aea28_s

バストアップのために、いろいろなエクササイズやマッサージをしているのにも関わらず、全然効果が出ないと言う人も多いのではないでしょうか。そんな人は、日々の生活の中に、バストアップを阻害する習慣があるのかもしれません。知らず知らずのうちに、バストアップを妨げていないかどうか見直してみましょう。

不規則な生活を送っている

バストを成長させる女性ホルモンや成長ホルモンは、夜更かしなどの不規則な生活を送っていると、ホルモン分泌をスムーズに促すことが出来ません。特に、成長ホルモンはゴールデンタイムと言われる夜22時~深夜2時の間に分泌されるため、睡眠不足には気を付けるようにしなければなりません。

カップ付きのインナーをよく着る

自分のサイズに合ったブラジャーを着けずに、カップ付きのインナーばかりを愛用していると、バストをしっかりと支えることができません。通常のブラジャーよりも締め付けが緩いため、動いたときにバストが揺れやすく、バストが垂れる原因にもなるのです。

姿勢が悪く猫背気味

猫背の姿勢を続けていると、バスト周辺の血行が悪くなり、バストに必要な栄養素が行き届きません。さらに、猫背だとバストが小さく見えてしまう原因にもなるのです。

寝るときにブラをはずしている

寝る時には、ブラジャーを着けていない人も多いのですが、寝ている時にも重力のせいでバストはどんどん引っ張られるのです。そのため、しっかりと正しい位置でバストを支えてあげないと、バストが二の腕などに流れてしまい垂れる原因となります。締め付け感の少ないナイトブラなどを着用するようにしましょう。

甘い物をよく食べる

白砂糖は、身体を冷やし代謝を下げる作用があります。代謝が下がると、血行なども悪くなってしまうため、バストの成長を妨げる原因になるのです。甘いものは、控えめにした方がいいでしょう。

激しい運動を頻繁に行う

激しい運動をする場合、バストが十分に支えられていないと、バストを支えるクーパー靭帯が運動の刺激により伸びてしまい、バストが弛む原因となります。バストのハリや弾力を保つためには、適度な運動の方がいいでしょう。

過度なダイエットを行っている

過度な食事制限などをしていると、身体にもよくないですが、バストにもよくありません。ダイエットをすれば、もちろんバストも縮んでしまいます。過度ダイエットはせず、バランスのよい食事を摂るようにすることが大切です。

ab57d9cdf73d460604380e71d601341d_s

バストアップを目指している人は、毎日の生活にプエラリアを含むバストアップサプリメントを取り入れることをオススメします。サプリメントなので、豊胸手術などの必要もなく、手軽に試してみることができます。

このプエラリアには、イソフラボンが大豆の約40倍も含まれており、天然の植物由来成分なので副作用の心配もありません。そして、これに加えてバストマッサージなどを行い、生活習慣を見直すことで、よりバストアップ効果が期待できるでしょう。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る