デザインだけじゃもったいない、ブラジャー選びの意外なメリット

デザインだけじゃもったいない、ブラジャー選びの意外なメリット

適正なブラジャーがバストを育てる

d8c7767d58e7a23760e30e7a59cdd2ef_s

ブラジャーはあなたのバストサイズを変えます。

ブラジャーとバストアップから連想されるのは、矯正ブラや育乳ブラだと思います。しかし普段使うブラジャーも、バストアップに大きく関わってきます。バストに対してブラジャーが小さすぎると、バストを圧迫してしまうので血行が悪くなり、冷えてしまいます。この状態では、バストに必要な栄養素や女性ホルモンがうまくいきわたらないためバストが育たたないばかりか

代謝もうまくいかないので、肌のコンディションも悪くなります。バストの血行を良くし、ホルモンを活性化したいときはバストマッサージを行うといいでしょう。逆にバストに対してブラジャーが大きすぎると、バストをうまく支えることができずバストが垂れてしまいます。

また、バストが不必要に揺れてしまうことでバストを支えるクーパー靭帯が傷んでしまい、やはりバストが垂れる原因になります。特にクーパー靭帯は一度傷んでしまうと再生が困難なので、注意が必要です。特に、ジョギングやランニングをするときはスポーツブラを着用するようにしましょう。

ブラジャーをしっかり選ぶと姿勢もよくなる

思春期の場合はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、ブラジャーを選ぶときは専門の方と一緒に選びましょう。試着の際にサイズに合うかどうかを綿密にチェックしてくれるので、カップがミスマッチすることはぐっと減ります。また、ブラジャーをしっかり選ぶことで胸の位置が適正化し、姿勢もよくなります。バストの重さがある分

猫背になってしまいがちですが、猫背はバストの垂れる理由になるほか、血行も悪くします。逆に猫背が治ることによってバストトップも上がり、肩こりも改善します。また、背筋がすらっと伸びて立ち姿がきれいになること間違いありません。

さらに大きくするならプエラリアのサプリメントを

c040ebfa6daf2da3c8f4978f905ef32e_s

バストを大きくしていくためには女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が要となります。女性ホルモンは主に2種類あり、プロゲステロンは女性としての機能に関わります。対してエストロゲンは女性らしい丸みを帯びた体型づくりに関わります。

エストロゲンがよく分泌されると乳腺が発達しバストやヒップに脂肪が付いてきます。この時然りくびれができるのでただ太るのとは違います。サプリメントの多くは、このエストロゲンに似た効果を発揮する植物性エストロゲンを取り入れることによって

バストアップを図ります。中でも効果が高いと言われているプエラリアにはミロエステロールという固有成分が含まれています。ミロエステロールはイソフラボンをはるかに超えるバストアップ効果が期待され、さらにプエラリアには大豆の40倍にもなるイソフラボンが含まれています。

植物性エストロゲンは女性ホルモンとして効果を発揮するのでバストアップ以外にも美肌や精神安定などの効果がある反面摂りすぎると体調不良をはじめとした副作用が起きてしまいます。早く大きくしたいと焦らず適量を心がけてくださいね。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る