一度切れたら再生しない?バストを支えるクーパー靭帯

一度切れたら再生しない?バストを支えるクーパー靭帯

バストを支えるのは筋肉だけじゃない

e2613a33751bf78d561d51e98e662013_s

マッサージで胸が小さくなるリスク

バストの張りを保つためには胸筋のトレーニングが大切。そして、姿勢を正すことでもバストアップにつながります。ですが、胸襟を鍛えただけでなぜバストのハリまで戻るのでしょうか?その答えはクーパー靭帯にあります。

クーパー靭帯というのはバストと胸筋の間をつなぐ細い繊維のことで、腕や足にある靭帯とはまた違ったものです。このクーパー靭帯がバストを支えているからこそ、胸筋の発達に合わせてバストが上向いてくるわけです。

逆に、クーパー靭帯が劣化している状態ではエクササイズの効果も半減してしまいます。クーパー靭帯の劣化の意味するところはひとつひとつの繊維が切れてしまうことです。コラーゲンでできているため繊細で、普段バストが揺れるだけでも繊維が切れてしまいます。

そのため、揉めば揉むほど大きくなると言って自己流のマッサージをすることまたは、多少の揺れはしょうがないと諦めてしまうことそのような習慣を続けていると、あなたの胸はどんどん垂れてしまいます。しかもクーパー靭帯は切れてしまうと再生できないため、ダメージは最小限に抑えたいものです。

クーパー靭帯の保護はブラジャー選びから

クーパー靭帯を守るためには、バストが揺れない工夫をすることです。運動時には必ずスポーツブラを着用すること、普段もサイズの合ったブラジャーを着用することが求められます。他にも、激しくは知らないように生活をしたり、睡眠時にナイトブラをつけることも推奨されます。

マッサージも、副作用が出ないように優しく行いましょう。ハリのある形の良いバストを保つにはそれなりのケアが必要ですね。しかし、バストの張りを保てるかどうかはバストアップを考えるうえで大きな問題です。女性も男性も大きいだけでなく美しいバストを求めるため、理想はC~Eカップのあたりにあります。

グラビアアイドルを見るとそれより大きな方ばかりですが、大きすぎるバストは形が悪いのではと敬遠されがち。バストアップの際はきれいな下地作りも欠かせませんね。ちなみに、クーパー靭帯はバストがある人共通の問題なので、小さめの方でも今から気を付けておきましょう。

バストアップに効果的なプエラリア

6b87143545378caa9741a177a51d1621_s

それでは、バストをどのように大きくしていくのかを紹介します。バストアップに関わる成分として最も大切なのはエストロゲンという女性ホルモンです。この成分は女性らしい体つきを作り、バストやヒップをグラマラスにしてくれます。サプリとして取り入れる場合は同じような効果を発揮する植物性エストロゲンが用いられます。

植物性エストロゲンは大豆やゴマに入っているのですが最近注目されている植物はプエラリアです。プエラリアはタイで有名な植物で1000年も前から美容の効果が知られていました。現在の研究では、他の植物にはない固有の成分が、イソフラボンをはるかに超えるバストアップ効果があると期待されています。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る