バストアップの失敗に隠された盲点とは!?

バストアップの失敗に隠された盲点とは!?

理想的なバストアップの方法とは

0c22fe6b94704f688ba2429921e67447_s

女性であれば大半の方が憧れる「バストアップ」。現在の世の中には数多くのバストアップ方法が乱立しており、正直どれを信じて行えば良いのかわかりにくいものではないでしょうか。確かに豊胸手術を受けることですぐにバストアップは可能ですが、「豊胸手術ってなんだか怖い。」とか、「体に異物を入れるのはちょっとねぇ。」というご意見が多く聞かれます。

では理想的なバストアップとは一体どのようにして行ってゆくべきなのか、また、より自然に近い状況でバストアップをしてゆく為に必要となることはどんなことなのかを一緒に考えてみましょう。皆さんが憧れるバストを手に入れる為の力となることができれば何よりです。

まずは人間の身体の構造を良く理解することが全ての基本

3631c94905f8de55d970c8527182e515_s

人間の身体の構造はとても複雑にできており、特に女性の身体は男性に比べてより繊細にできています。男性と女性との身体の大きな違いのひとつが女性ホルモンの割合ではないでしょうか。女性ホルモンの一生分の分泌量はおよそティースプーン1杯分と言われており、このティースプーン1杯分の量を生理が終わる頃まで少しずつ分泌しています。

この女性ホルモンは大きく2つに分類され、ひとつは卵胞ホルモン、もうひとつは黄体ホルモンと呼ばれるホルモンにわけられます。黄体ホルモンは別名をプロゲステロンと呼び、主な働きは妊娠状態の維持を行っております。

卵胞ホルモンは別名をエストロゲンと呼ばれ、妊娠をしやすい状態に身体の状況を作り上げてくれるホルモンで、バストアップにはこのエストロゲンがとても重要な役割を果たしています。実際にエストロゲンは、妊娠をしやすい状態に身体の状況を変化させることだけでなく、美肌効果やバストアップ効果などがあり、より女性らしい身体つきへと変化させてくれます。

また、バストアップには身体の筋肉に張り巡らされた末梢血管と、身体のメインの血流も大きな役割を持っており、具体的に説明すればサプリメントや食事でせっかくバストアップに良い栄養素を摂取しても、血流が不足していることで十分な栄養供給が行われず、せっかくの栄養素が役に立たなくなってしまいます。後の項目でも触れますが、バストアップの為のマッサージ方法なども合わせてご説明します。

バストアップサプリメントのメリットとデメリット

1e35eaa0821a9867cc0b629e0beac3ab_s

バストアップに必要な栄養素は、できれば全てを食事から摂取することが理想的ですが、現在ではバストアップサプリメントの主成分として「プエラリア」を配合しているサプリメントも販売されています。このプエラリアとはいったいどのような働きがあるのでしょうか。

実はプエラリアは、エストロゲンととても近い働きと作用が期待できると言われており、バストアップの他にも様々な分野でその利用用途が期待されている成分です。エストロゲンに近い働きをしているということは主に婦人科系の不調に対しても大きな期待が寄せられています。

例えば生理痛が軽くなった、肌がきれいになった、身体の疲れがなくなったなど、多くの意見が寄せられているようで、女性にとってはとても良いことだらけのようなサプリメントです。しかしデメリットが全くないというわけではありません。

これはプエラリアに限ってというわけではなく、サプリメント全般に言えることなのですが、基本的にサプリメントが世の中に販売される過程で一番重要視されてチェックをする項目が「肝機能」に関することです。サプリメントを服用し続けることで一種の副作用として肝機能の数値が高くなってしまうという可能性がありますので、きちんと用法を守って頂くことと、必ず食事を摂取してからサプリメントを摂取してもらうということが重要です。ではどのような食事を心がけてゆけば良いのでしょう。

基本的に身体に良い食生活はバストアップにも良いということ

5b939bff1e0db63af1bae853b56228af_s

バストアップにだけ特化した食事という考え方ではなく、基本的に身体に良い食事や食生活はバストアップにも良いということを忘れないようにして下さい。言い換えれば、偏った食生活は身体にもバストアップにも良いわけがないということです。

それと、せっかく良い栄養素を摂取しても、その栄養素をより体内に運びやすくする為の栄養素がなければあまり意味のないものとなってしまいますので、まずは良質なタンパク質が必要となるのはもちろんですが、その栄養素をきちんと運んでくれるビタミンの摂取も忘れずに行うようにしましょう。例えば豚肉には質の良いタンパク質とビタミンが豊富に含まれていますし、緑黄色野菜などにも多くのビタミンが含まれております。

また、キャベツに含まれているボロンと呼ばれるホウ素にもバストアップの期待が持てますので、それらをうまく組み合わせた食事が良いのではないでしょうか。また、野菜類は温めて摂取して頂くことで身体に吸収されやすくなり、速やかな栄養の摂取が可能となります。

バストアップマッサージのポイントと注意点

8f342c2d1105f92191676645d94769bc_s

バストアップマッサージと聞くとどうしてもバスト周囲に目が行きがちですが、確かにバスト周囲のマッサージもいつよう不可欠です。しかし、それ以外にも必要不可欠となる部位やマッサージをする際のポイントがあり、あまり度が過ぎてしまうと副作用的な症状が出ることもありますので若干の注意が必要となる場合があります。

それは、結果を急いでしまうあまり、必要以上に強いやり方や痛みがある方が効いているという勘違いが元で、筋肉組織を傷つけて炎症を起こしたり乳腺炎を招いてしまいます。これは明らかに外傷で、バストアップマッサージの際の副作用のようなものとなります。

炎症は数日で治る場合がほとんどですが、あまりにひどく組織を傷つけてしまった場合などには痛みが長引いたり、場合によっては医療機関での治療が必要となる場合がありますので「痛いけど気持ちが良い」程度を限界点として行うようにしましょう。マッサージポイントは下記に箇条書きにしてまとめましたので参考になさって下さい。

  • 乳房を背部から前面部に持ち上げてくるように行うこと
  • 腋下部(脇の下)の血行を促すように親指で円を描くように行いましょう(注:痛めやすい部位なので優しく行うように気をつけましょう)。
  • 鎖骨下部から乳房にかけて血流を送るようなイメージで下方向へ手のひらを使って優しく行いましょう。
  • 背部にある肩甲骨を良く動かすことで、肩周囲から首周辺までの筋肉の血流が改善されます。

上記に挙げた4点は、産後の母乳の出が悪い方にも実際に指導している血流の促進方法です。これによって翌日には母乳の出方が改善される方が大半で、乳房に流れ込む血流量が滞りない状態を表しています。十分な栄養摂取をした上で行うことでより良いバストアップへとつながると思います。

バストアップに関するまとめとして

2c579222f616794c01554314c0a50c2b_s

バストアップやダイエット、不妊症など、女性にとっては本気で悩みを抱え、日々どうにかしたいと考えている方も多く見られますが、一番失敗しやすい具体例として「結果を急いでしまう」ということが挙げられると思います。結果を早く求めすぎるがあまり、中々目に見えて現れてこない結果にイライラして逆にストレス性の血流不良を招いたり、効果が感じられないことを理由に途中で挫折してしまうケースが多いのではないでしょうか?

普段不定愁訴と呼ばれる原因不明の症状に携わっていると、特に婦人科系の症状は中々ゴールが見えてこないケースがほとんどで諦めてしまいがちです。しかし、じっくりと行ってゆくことできちんと結果は出てきますので、心にゆとりを持って未来の理想の自分を思い描きながら実行して行くことも大切なことです。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る