バストアップを目指す人必見!バストの仕組みとは?

バストアップを目指す人必見!バストの仕組みとは?

バストアップに大切なバストの仕組みについて

a8a9b1fbe247e9f7daec4a128fc801b2_s

豊かなバストに引きしまったウエストは、女性の理想的なプロポーションです。その理想のプロポーションである豊かなバストに少しでも近づくためには、バストの仕組みについて理解しておくことが大切です。

乳腺とは?

バストの大きさは、乳腺の量によって左右されます。この乳腺とは乳房の周囲に分布しており、バストを手で触れた時にグリグリしたものが感触として残りますが、これが乳腺です。

乳腺は、母乳の分泌や運搬などが主な役割です。また、女性は子供を出産し授乳期に入ると、バストのサイズが徐々に大きくなっていきます。これは、授乳をするために、乳腺が発達するためです。

また、乳腺を刺激し、乳腺を増やすための役割として、女性ホルモンが深く関わっています。思春期から成人期にかけてこの女性ホルモンが活発になり、この間に分泌される女性ホルモンの量が多くなればなるほど、脂肪が付きやすくなり、バストも大きくなると言われています。

バストアップを目指すためには、女性ホルモンの分泌を促し、乳腺を発達させることが必要です。また、女性ホルモンは激しい運動や強いストレスなどが加わるとホルモンの分泌が阻害されてしまうので、注意する必要があります。

バストの構造とは?

バストは、1割の乳腺と9割の脂肪から成り立っています。その1割の乳腺をクーパー靭帯が、バストの皮膚や筋肉と繋ぎ合わせて支えています。乳腺の周りを脂肪が包み、さらにそれらの乳腺と脂肪を含むバスト全体を大胸筋が支えています。この大胸筋というものは、バストの上部にある筋肉で、この筋肉が老化してしまうとバストの張りや弾力がなくなってしまい、バストが小さくなって下垂に繋がります。

これらのことから、バストアップを目指すためには、 バストの構造の根幹となる乳腺を発達さる必要があります。また、その乳腺を支えるクーパー靭帯が伸びたり、切れてしまわないように保護しながら、土台となる大胸筋を強化していかなくてはなりません。

バストの質とは?

バストの質というものは、大きく乳腺質なバストか、或いは、脂肪質なバストとの2通りに分かれます。

・乳腺質なバスト

一般的に、バストが大きい人は乳腺が発達していると言われています。乳腺質のバストは乳房が大きく、そして比較的固めで、さらに垂れにくいという特徴があります。これはバストに乳腺葉が多めに詰まっているからです。また、基本的にこの乳腺質のバストは、欧米人に多いと言われています。

・脂肪質なバスト

脂肪質のバストは、乳腺の個数に比べて、皮下脂肪がバストに多く詰まっているバストです。脂肪が多いため、乳房が柔らかく、仰向けになった場合には横に流れやすいことなどが特徴です。また、加齢や授乳で下垂しやすいバストです。この脂肪質なバストは、日本人を含むアジアの女性に多いと言われています。

バストアップにいい食べ物とは?

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

食べ物の中には、バストアップにいいと言われている様々な食べ物があります。しかし、バストアップにいいからと言って、同じものばかりを食べていても効果は出にくいと言えます。バストアップのためには、バランスの取れた食生活をしながら、バストアップにいいと言われている食べ物を積極的に摂るようにすることが大切なのです。

ボロン

ボロンはホウ素の一種で、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を増やしてくれる働きがあります。また、このボロンは骨をつくるのに必要とされるビタミンDを活性化させる働きがあります。

さらに、ボロンはバストの中の脂肪のみを増やすという嬉しい働きもあります。尚、加熱すると有効成分が壊れてしまうため、生のまま食べるようにしましょう。このボロンが多く含まれている食べ物には、代表的なものに以下10個あります。

・キャベツ

・ブドウ

・リンゴ

・梨

・大豆

・ア−モンド

・ピ−ナッツ

・昆布

・ワカメ

・レ−ズン

ビタミンD

エストロゲンの分泌を増やす働きのあるボロンは、このビタミンDと一緒に摂取することで吸収率がアップします。このビタミンDが多く含まれている食べ物には、代表的なものに以下6つあります。

・卵黄

・イワシ

・ニシン

・シメジ

・キクラゲ

・しらす

イソフラボン

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、乳腺の細胞膜にあるエストロゲン受容体に接触することで乳腺を増やします。このエストロゲンに似た働きをすると言われているのが、大豆に含まれている植物性ポリフェノールの一種であるイソフラボンなのです。

そのため、このイソフラボンがエストロゲン受容体に働き掛けることにより、乳腺を増やすという働きをします。イソフラボンは、バストアップのためには非常に効果的な成分です。このイソフラボンが多く含まれている食べ物には、代表的なものに以下7つあります。

・大豆

・豆乳

・豆腐

・納豆

・おから

・きな粉

・鶏肉

タンパク質

バストを大きくするためには、タンパク質が非常に大切です。中でも、バストアップのためには鶏肉が良いといわれています。その理由は、鶏肉には良質なタンパク質が多く含まれているからです。

しかし、鶏皮やモモ肉には脂肪分が多く含まれているため、バストアップのためにタンパク質をとりたいという場合には、ササミや胸肉を選んだ方がいいでしょう。この良質なタンパク質が多く含まれている食べ物には、代表的なものに以下4種類あります。

・鶏肉

・魚

・牛肉

・乳製品

乳製品

乳製品には肌の粘膜を健康的に保つ働きがあるので、バストアップだけではなく、肌のハリや潤いなどにも役立ちます。しかし、乳製品は脂肪分が高いため、摂りすぎには注意が必要です。乳製品が多く含まれている食べ物には、代表的なものに以下4つあります。

・牛乳

・チーズ

・ヨーグルト

・バター

毎日2分のバストマッサージ!

534aa2ab41299d94439e0f4e7ddbaa5d_s

バストアップを目指している人は、バストのマッサージを行うことで、より早くバストアップを実感することができます。

バストアップマッサージの方法

バストアップマッサージを行う前には、必ず、クリームかジェルなどを付けてマッサージを行うようにしましょう。まず、右手で左の背中からバストへと脂肪を集めるような感じでマッサージを行います。これを30~60秒間程度行います。

先程と同じように、今度は左手で右の背中からバストへと脂肪を集めるようにして、マッサージしましょう。これも30~60秒間程度行います。最後にクリームかジェルを再度手に取り、バストの上部から下部まで全体に馴染ませるように塗ることで、ハリや潤い感がアップします。

プエラリアのサプリでバストアップ!

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

バストアップを目指している人は、バストアップマッサージやストレッチなどと一緒に、バストアップサプリを摂取する方法もあります。マッサージやストレッチなどは、血液循環やリンパの流れを促進し、バストにいい影響を与えます。

そして、数あるバストアップサプリの中でも、プエラリアというバストアップ成分がオススメです。プエラリアは天然植物由来の成分で、大豆の約40倍ものイソフラボンが含まれており、女性ホルモンのバランスを整えたりする働きがあります。

また、プエラリアは規定の摂取量をきちんと守って摂取すれば問題はなく、特に、副作用などもないので安心して摂取することが出来ます。このバストアップサプリを摂取しながら、バストアップマッサージやストレッチと併用することで、相乗効果になり、よりバストアップ効果が期待できるでしょう。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る